ビタミンC配合美容液ランキング|高品質なビタミンCが高濃度で配合されているのは?

どんなビタミンCが配合されている美容液が良いの?

失敗しないビタミンC配合美容液の選び方

ビタミンC誘導体でないものがおすすめ
化粧品に配合されているビタミンCはビタミンC誘導体として配合されているものがほとんどです。しかし、ビタミンC誘導体は他の成分と結合した成分なので、体内で機能するビタミンCの量が少なくなってしまいます。ですから、本来のビタミンCのままのピュアビタミンCを配合しているものがおすすめです。
浸透力を高めているもの
ピュアビタミンCは肌に浸透しにくい性質を持っているので、浸透力を高める処方を採用することは必須です。ビタミンC誘導体にすれば浸透力はアップしますが、そうではなく、ピュアビタミンCの状態で浸透力を高めることが重要となります。
高濃度で配合しているもの
ビタミンCは体内では作られない成分なので、外から摂取するしかありません。ですから、化粧品のように外側からアプローチする場合は、できる限り多く配合されていることが望ましいです。高濃度で配合されているかをチェックすることをおすすめします。

ビタミンC配合美容液ランキング

順位 商品名 特徴 商品詳細

ビーグレン Cセラム
ピュアビタミンC
浸透力:◎
配合濃度:◎
ピュアビタミンCを高濃度で配合!
ピュアビタミンCを配合した美容液です。7.5%という高濃度でピュアビタミンCを配合しています。さらに、医療レベルの浸透テクノロジー「QuSome」を採用することで、ピュアビタミンCなのにビタミンC誘導体以上の浸透力を実現しています。また、「QuSome」にはビタミンCの酸化を防ぐはたらきがあるので、ビタミンC配合美容液としては最高水準であるといえます。
ビーグレン

エトヴォス バランシングVCセラム
ビタミンC誘導体
浸透力:○
配合濃度:◎
油溶性ビタミンC誘導体を高濃度配合!
油溶性ビタミンC誘導体を配合した美容液です。ビタミンCの配合量は3%となっており、比較的多めです。水溶性ではなく油溶性のビタミンCを配合しているので、浸透力はやや高めといえます。ただ、ピュアビタミンCではないので、ビタミンCの効果としてはややおつるところが残念なところ。
アクネケアセット2週間お試し

エクスボーテ フューチャーセラム
ビタミンC誘導体
浸透力:◎
配合濃度:○
商品テキストテキストテキスト!
進化型ビタミンC誘導体である100倍浸透型ビタミンC(APPS)を配合した美容液です。APPSは水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の両方の性質を持つ新しいタイプのビタミンC誘導体です。浸透性を高める成分を結合させているので、浸透力は期待できますが、その分だけビタミンCの量が少なくなってしまっている点には注意が必要です。

高品質なビタミンCを高濃度で配合しているのはこちら

ビタミンCの効果を最大限引き出しているのはビーグレン「Cセラム」です!

誘導体ではなくピュアビタミンCを配合
ビタミンCの効果を最も発揮できるピュアビタミンCの状態で配合しています。余計な成分を結合させていないので、ビタミンC本来の力を100%引き出すことができます。
真皮まで届く浸透テクノロジーを採用
医療現場で使用されているドラッグデリバリーシステムを応用した浸透テクノロジー「QuSome」を採用することで、ビタミンCを真皮まで確実に届けることに成功しました。また、「QuSome」は高機能カプセルなので、ビタミンCの酸化を防ぐのにも役立ちます。
極限までビタミンCを高濃度配合
成分全体の7.5%という極限までピュアビタミンCを高濃度配合しています。「QuSome」を採用しているので、安定した状態でビタミンCを亜非業できていることも魅力の一つです。


浸透力を高めたピュアビタミンCを7.5%という高濃度で配合しているのはビーグレン「Cセラム」だけ!